すみやきの小説置場

小説を書き始めた18歳から三十路の今に至るまでのすみやきの小説置場

長編

富岡さんはきっと脱法的なアレなんだ。(5)

ゆっくりと彼女の背中をさする。華奢な彼女の身体は、頬っておいたら壊れてしまいそうだ。 元々、友達もいなかったし、一人っ子だったし、小さい子の面倒なんてみたことない。 自分の子供がいてもおかしくない年頃だけど、子供の扱い方なんてわからない。 わ…

富岡さんはきっと脱法的なアレなんだ。(4)

第三話 やっぱり砂糖は甘いし、コーヒーは苦い。ビールはもっと苦い。 大人って楽しいもんだと思ってた。 だって、私の周りにいた大人っていっつも笑ってたし、苦しい顔をしてる人なんて一人もいなかった。 だから、大人になれば無条件に楽しい毎日になるん…

富岡さんはきっと脱法的なアレなんだ。(3)

「んきゅっ……」 彼女が小動物のように鳴くのを聞いて、私もなんだか息苦しくなってくる。 苦しい。気持ちいい。苦しいって気持ちいいんだ。本当にど変態怪獣だな、私は。もうどうしようもないや。 口ってあったかい。これだったら湯豆腐と一緒だね。彼女が声…

富岡さんはきっと脱法的なアレなんだ。(2)

第二話 耳と唇と豆腐だと、どれが柔らかくて美味しいのでしょうか。 口笛はなぜ遠くまで聞こえるの、あの雲はなぜ私を待ってるの――、ぶっちゃけそんなことはどうでもいい。 切実に私が知りたいこと、それは、なんで私は悪い夢ばかり見てしまうのか、ただそれ…

富岡さんはきっと脱法的なアレなんだ。(1)

第一話 富岡さんはきっと脱法的なアレなんだ。 ご飯粒が食べたいと思った。 なにー? ダイエット中? そんなに日頃、おなかすいてるの? だめだよ。ちゃんと食べなきゃ。そんなことを言う人もいるかもしれない。 だけど、私は別に特別おなかがすいているわけ…